犬が安心している時に見せる仕草

柴犬

犬が『安心している時』に見せる仕草や行動がネットに出ていました。

 

犬は信頼している人と一緒にいることで、安心することができると言われています。

が、

私たちと一緒に生活していてどう感じているのか少し気になります。

 

我が家のりんちゃんとラムちゃん

なんとなく「無防備だな」と感じるような姿を見せていはいますが……

 

ネットからの抜粋になりますが、

犬が安心しているときに見せる仕草や行動を記載します。

 

我が家のりんちゃんとラムちゃんはいくつ該当するでしょうか?

 

1、仰向けになってお腹を見せる

犬にとって、柔らかいお腹は最大の弱点です。そのため、緊張状態のときや信頼していない相手に対して、絶対にお腹を見せることはありません。(ただし、降参の意味を込めてお腹を出すことはあります)

しかし、家の中で飼い主と過ごしているとリラックス状態に入ることができるため、仰向けになってゴロゴロとお腹を見せる様子を見せることがあります。これは、犬が安心しきっている証拠です。「いつ敵が来ても飼い主さんがいるから大丈夫」と心の底から思っているため、ここまで無防備な姿を見せることができているのです。

 

2、脱力した状態で床に寝そべっている

ぺたーんと脱力した状態で床に寝そべっている姿を見かけることは、飼い主であればよく見かけるのではないでしょうか。伏せた状態で体や顔を床にくっつけ、無防備な状態で休んだり眠ったりしている…そんな状態を見せている犬は、その場の状況に安心しきっているのです。

もしも警戒しなければいけない外などでこのような姿を見せていたら、いつどこから敵が襲ってくるかわかりません。すぐに応戦できる体勢でいなければいけないのです。しかし、飼い主の居る家の中であれば、そんな心配は無用ですよね!そのため、家の中では常に脱力していても安心して過ごすことができているのです。

 

3、耳をぺたーんと後ろに下げている

犬が座って休んでいるとき、耳をぺたーんと後ろに下げるようにして頭にくっつけていることはありませんか。犬の耳の形状によっても異なりますが、犬は安心しているとき、耳の力を抜き後ろにぺたーんと下げていることが多いです。

ぺたーんとくっつくような形状でない場合は、いつもより少し後ろに耳が偏っていることが多いです。これは、敵が来ないか聴覚を使って監視していなくても大丈夫なほど、その場にリラックスしていることを意味しています。

ちょっと違うか……

 

4、笑っているような柔らかい表情をする

犬の表情はとても豊かです。これは長年、人間と一緒に暮らしてきた犬たちが、遺伝的に習得した能力だとも言われています。

そんな犬たちは、安心しているときに人間と同じように柔らかい表情を見せていることがあります。目尻が下がっていたり、口角が少し上がっていたり、あるいは口が半開きの状態になっている子もいるでしょう。

こうした表情は、時々「笑っている」と受け取られることもあります。笑顔に似た柔らかい表情を見せているときは、安心していると思って良いでしょう。

 

5、「ふー」と深いため息を吐く

「ふーっ」とため息を吐いていると「何か不満なのかな?」と思ってしまいがちです。しかし、ため息には2種類あり、深く長いため息は、安心や満足を意味しています。

たっぷりごはんを食べてリラックス状態に入ったときに「ふーっ」と深いため息を吐いたり、十分に散歩をして帰ってきてゆったりと寛いでいるときに「ふーっ」とため息を吐いたりすることもあります。

深いため息を吐いているとき、愛犬の様子を見ていると、体が脱力していたり、目を細めていたりすることが多いです。こうしたリラックスしている様子を一緒に見せているので、ため息を吐いたときは、ぜひ他の様子も観察してみてください。

 

 

 

ちょっと違う写真もありますが……

りんちゃんもラムちゃんも安心して生活していそうです。であってほしいです。

 

犬は安心しているとき、このような仕草や行動を見せていることがあるようです。

犬によって個体差はあるようですが、愛犬が安心できているかどうかの判断基準の参考になりそうです。

犬が『安心している時』に見せる仕草や行動5選
犬が安心しているときに見せる仕草や行動5選犬は信頼している人と一緒にいることで、安心することができると言われています。実際、飼い主と一緒に過ごしているときは、なんとなく「無防備だな」と感じるような姿を見せていませんか。ここでは、

 

本日はこのあたりで。読んでくださりありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました