2022年初夏 デュトロZEV

その他

遂に出ます。

4月15日、日野自動車は

ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EVトラック「日野デュトロ Z EV」を開発したと発表しました。

(Yahoo!ニュースから写真借用)

日野、超低床・ウォークスルーの小型EVトラックを開発 2022年初夏市場導入(レスポンス) - Yahoo!ニュース
日野自動車は、ウォークスルーバン型の超低床・前輪駆動小型EVトラックを開発。2022年初夏(予定)に『日野デュトロ Z(ズィー) EV』の名称で市場導入すると発表した。

2022年初夏には市場導入が予定されています。

 

デュトロの今までの仕様詳細は分かりませんが、

従来の後輪駆動車と比べて床面地上高は半分の400mmという超低床構造が実現。

合わせてウォースルー構造の採用で、

荷役作業性や乗降性が大幅向上しているようです。

 

車体も現行の「デュトロ」より一回りサイズダウンして、住宅街走りやすくなるとともに、普通免許での運転が可能となるようです。

サイズは全長約4.7m、全幅約1.7m、全高約2.3m。車両総重量3.5t未満。乗員2名。

心配の航続距離は、100km以上との事です。

 

ソーラーパネルを設置して航続距離が伸びないのかなあ。

航続距離が改善出来れば、キャンピングカーで使用出来そうだなぁ。

 

ソーラーパネルの設置等で平日は蓄電池になり災害時にも活躍。

休日は車中泊旅に。アウトドアでも使用出来そう。

 

夢は膨らみます。

 

デザインがもう少し良くなると、間違いなく売れそうです。

内装は、ビルダーさん次第かなぁ。

寒冷地では4WDでないのは残念ですが、今後対策が進むに違いありません。

 

先日、佐川急便で中国製EV使用のニュースがありましたが

佐川急便の宅配用EV(プロトタイプ)、想像したより豊富な収納や車内照明などの工夫(Webモーターマガジン) - Yahoo!ニュース
2021年4月13日、佐川急便株式会社(以下、佐川急便)と電気自動車の普及促進を目指すASF株式会社(以下、ASF)は、共同開発した宅配用電気自動車(BEV)のプロトタイプを公開した。

中国製でなく、「メイドインJAPAN」にして頑張って欲しいです。

 

本日はこのあたりで。読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました